別府孝男の集まれ株仲間!

メルマガ配信情報 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月4日(日)今週の展望とテクニカル分析・作戦

2018.03.11 (Sun)
皆様こんにちは!

春を感じる頃となりましたがまだまだ寒さを感じます。

気候の変り目ですのでどうぞ皆様も御身体を大切にご自愛くださいませ。

さて本日は3月4日(日)にメール会員様限定で送信しましたレポートで、先週5日(月)からの相場の流れを捉える
事が出来ました。

メールにて、相場の流れを分かり易く毎日配信しています。

メール会員でない方も是非この機会にご参考にメール会員をご活用下さい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

3月4日(日)今週の展望とテクニカル分析・作戦

2018年3月4日(日曜日)

【日経平均テクニカル分析】

先週の動きは、2月27日高値22502円を付けた後、3月2日安値は、21
088円まで下落しています。

ただ、2月27日までの水準は、2月14日安値20350円から22502円
まで1500円の上昇をしたわけです。

当然利食いが入りますとコメントしまして、28日は下落したわけです。

3月1日のシカゴ日経先物から売り仕掛けが入りました。

この売り仕掛けは2月28日夜の米国市場から入り始めたわけです。

ただ、売り仕掛けにも限界が有りますので、結局は2月6日の安値21078円
が今回も下値水準かと考えます。

もう一つは今月は3月9日がSQですが、通常でしたら、2日(金)夜の米国市
場から売り仕掛けが入る傾向が有りますが、2月28日夜からの入り始め、普段
とは2日ほど早い仕掛けです。

通常の売り仕掛けとは少し違いますので検証します。

通常SQに向け、売り仕掛けが入り、SQまで下落させる時は、2日金曜日の夜
から下落させるのが常です。

しかし、今回は2月28日夜から入っているのです。

また、2月6日と14日が先月の安値で、特に追証発生は14日でした。

その後はご存じのように上昇したわけです。

6日の大きな出来高=上値での玉は売却している。

また、6日の大きな出来高は株価が上昇しましたのである程度こなしています。

この事を勘案しますと、早めに仕掛けた売り仕掛けも、利食いの日の28日に合
わせかけてきたのかと判断しています。

そこで気になる要点をまとめました。

・相場は6日の上下22277円~21078円の動きが基本と見ます。

・SQに向けての動きとして、2月28日夜から売り仕掛けが入っている。

・2月6日安値21078円、また、14日の安値20350円(大引は2115
4円)。

この環境から言えば来週はSQに向け上値追いも考えられ、まずは、上記の下値
に注視しましょう。

以上 別府孝男 記

***********************















スポンサーサイト

メルマガ配信より

2017.09.04 (Mon)
皆様、こんにちは!

9月に入りました。

昨日ニュースとなりました 北朝鮮が核実験に踏み切ったことを受け、4日前場の日経平均株価は前営業日比170円安の1万9521円となり、4日ぶりに反落して引け 東証1部の値下がり銘柄は9割近くになりました。
  
北朝鮮の9日の建国記念日までの間、北朝鮮が次なるアクションに動く可能性もあり、積極的な売買がしづらい状況です。

市場から目を離せない状況が続くなかこんな時こそリアルタイムに一日三回配信を行っていますメールマガジン是非参考にしてください。







別府孝男の株式情報OneByOne「おは株レポ」2月8日号

2017.02.08 (Wed)
皆様、こんにちは!
別府孝男です。

本日は別府孝男の株式情報OneByOne「おは株レポ」につきましてお話しようと思います。

一週間の日経平均株価の動向をお伝え致します。

さらに2月1日より新たに特典を設けました。

お客様のお声から銘柄を買った場合、特に下落した場合、どのような対処をしていいかを、迷われている方が大勢いる事が分かりました。

その為、「別府孝男が直に、電話又はメール」での銘柄相談を直接行う企画を致しました。

その結果、銘柄を買っても対処を別府に相談出来るなら、続けても安心出来ますとのお声を多く頂きました。

また、お手持ち銘柄の対処方法も同時に受け付けます。

是非、ご利用ください。

また、私も時間が限られていますので、受付担当「荒井」まで受け付けをし、予約をして頂ければ、なるべ迅速にご連絡致します。
末永くお付き合い頂き、「投資成果に結びつけて頂きたい」私の基本の考え方です。

ご利用の際は下記の方法で担当者荒井までご予約の受付をして下さいますようお願い致します。

問い合わせ先:03-5566-0005(大代表)

メール:info@noble-nvr.net 






****************

尚、本日はキャンペーン企画と致しまして本日配信されました


別府孝男の株式情報OneByOne「おは株レポ」2月8日号を

無料にて投稿致しますので是非参考になさってください。


****************

別府孝男の株式情報OneByOne「おは株レポ」2月8日号

それでは、NVRとトレンドラインから見た、日経平均株価の推移から申し上げ
ます。

この相場は米国市場・シカゴ日経先物・日経先物のブレは当然ですが、その影響
は為替主体での影響が大きい環境です。
トランプ氏の言動や行動は米国市場を経由しての相場ですが、為替に関しては、
海外の環境の良し悪しとは別に一気に影響が出てきます。
投資家の心理はそろそろ上値向いの状況ですが、それを阻んでいるのが為替とい
う難題を抱えている現状です。
為替が111円台でしたら上値向いの環境には今一つ難しい状態になる可能性も
あります。
その一つとして、シカゴ日経先物を参考に翌日の東京市場は動いているのが常で
すが、現在の動きを見ますと、いくら海外の環境が良くても、東京市場は寄付き
だけ、跳ね上がり、時間の経過とともに勢いが縮小というのが現状です。
為替が111円台では株式市場において、身動きが出来ず、買い手控えの状態で
す。
投資家は上値追いの動きにブレーキをかけられている状況です。
さて、このような状態ですが、日足チャートをご覧ください。
この環境の中でも、相場付はボックス相場を形成しています。
1月18日を直近の基点と考えますと、3波動の動きをしています。
それも下値は切り上がっておりますし、その下値と上値は上下を繰り返し、下値
水準(18800円)で仕込み、上値水準(19200円)で売却としっかりと
利益を出しています。
この事は皆さんも日足チャートで確認を行って下さい。
上記の下値と上値を横線を引いて確認して下さい。
だた、為替によって市場が振らされているのが現状ですから、最悪の下値は押さ
えておく必要が有ります。
その下値は18510円を押さえておきます。
この下値まで下落するかは過去データからの計算です。
下値を踏まえる事で、逆バリの対処も出来るわけです。
上記で申しましたが、ボックス相場を形成していますので、この高値19150
円を抜けますと19500円方向と考えます。
前提は上値向いには、変更はありません。
個別銘柄も株価水準が安い水準に来ている銘柄を優先にして下さい。

今週から来週に向けてのメドは
先週と同様
18510円を踏まえた上で
下値メドは、18800円
上値メドは、19400円台方向と見ています。

【過去の注目銘柄の推移と対処方法】を申し上げます。
・11月16日に紹介したネクステージは、当日1576円で寄り付き2月6日
には、高値2580円を付け、63.7%の上昇しています。
・11月23日に申しました3669モバイルクリエイトは、当日367円で寄
り付き、2月6日には、469円の高値を付け、27.8%の上昇をしています。
<フォロー>
8715アニコムの日足チャートを確認して下さい。
この銘柄は、業績発表6日にありましたが、方向としては良い状況でした。
それでも、朝方は売り気配から入り下値固めの水準まで下落しその後一気に上昇
し、陽線で引けています。
下値も安定しており、この水準は再度の仕込み提供と見ます。

必ず、チャートをご覧になれる方は、まず日足チャートをご覧になり、株価推移
をご確認してください。

また、「おは株レポ」の銘柄のメドや関連の質問はお電話頂くか、メールでご遠慮なくお問い合わせください。

予約を頂き、別府孝男が随時お返事致します。

問い合わせはこちらです。

メール:info0001@no600.com

03-5566-0005(大代表)

受付担当は荒井

※また、別府孝男が土曜日・日曜日を含め毎日配信しているメール会員は下記から申し込めます。
URL:n600.jp







それでは、今回の【注目銘柄】です。

☆3941 東1 レンゴー 1000株単位

段ボール、板紙が主力です。
通販向け段ボールなどの販売数量増加や古紙価格の低下により、業績は想定を上
回るペースで回復しています。
中国の衛生用品市場の拡大に伴い、紙おむつの材料に使われる不織布の生産・販
売を中国で開始しており、数年以内に約1万トン生産を目指しています。
また、有害なガスや悪臭を吸着し、抗菌機能の高い高機能パルプがマスクなどに
使われており、中国の大気汚染物質PM2.5や花粉症対策関連としても注目出
来ます。


NVRは0の位置で、トレンドラインからボックス相場高値690円台から何度
も波動を形成しています。
この銘柄はまだ陽線が立っていません。
その為、陽線立ちをしてからの仕込みをお勧めします。
100株単位
(時価 657円)

☆5975 東1 東プレ 100株単位

日産向け主力のプレス部品メーカーです。
プレス関連製品事業は、国内が新技術を搭載した新型車が好調で、海外も冷凍車
など大型車を中心に堅調に推移しています。
17年3月期連結経常利益予想は、165億円から180億円(前期比16.9%
増)、純利益は115億円から125億円(同19.9%増)に上方修正してい
ます。
NVRは0の位置で、トレンドラインからは12月3030円の高値から調整し
ており、2800円前後を値固めをしています。
(時価 2790円)

☆7818 東1 トランザクション 100株単位

カスタムメイド雑貨事業とオリジナル雑貨事業に加え、電子たばこ専門ショップ
を運営しています。
電子たばこは、JTが14年に英電子タバコ会社を買収するなど近年、国内で普
及の動きが出ています。
受動喫煙防止対策として、屋内の公共的空間の禁煙などを義務化することや、た
ばこ税を増税する流れを受けて、電子たばこ需要が伸びる事が期待されています。
NVRはプラス2の位置で、トレンドラインからは下値水準を値固めています。
1月31日2140円から調整をし、ここ1950円台を値固めしています。
(時価 1952円)

以上参考にしてください。

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。


※当メルマガ記事の無断転載・転送を禁止します。

メルマガ配信&おは株レポ

2016.12.01 (Thu)
皆様、こんにちは!

いよいよ12月に入り今年も残すところ一ヶ月となりました。

10月26日の放送で1999年9月から17年2ヶ月放送してまいりました『おはよう!株式』が一旦終了しましたが「おは株レポ!」として一週間の日経平均株価の動向をお伝えするほか、銘柄も厳選3銘柄を「おはよう!株式」の内容でとして毎週水曜日8時30分に配信しておりますので会員制メルマガ配信同様にご利用ください。











「おは株レポ」&11月16日(水)前引け後情報抜粋

2016.11.16 (Wed)
皆様、こんにちは!

本日 朝8時30分に「おは株レポ」が配信されました。

一週間の日経平均株価の動向をお伝えするほか、銘柄も厳選3銘柄を,お伝えしていきます。

別府孝男の「株式情報one by one」の中で番組と同様の内容で、配信されていますのでどうぞご利用ください。




先程(12:18)に配信されました会員制メールマガジンの一部を抜粋して投稿します。

*******************************

前引け後情報 11月16日(水)号

こんにちは。


日経平均前引け:17882.08(+213.93)

日経先物12月限(15時15分):17880(+230)

TOPIX:1419.88(+16.90)

平均株価東証一部出来高(万株):13億8768万株
 
東証一部売買代金:1兆3621.15億円

※ちなみに
通常一日出来高=12.5億株
通常一日売買代金=:1兆2000億円

【前場の動き】

16日前場の日経平均株価は前営業日比213円高の1万7882円となり、反発して引けました。

一時1ドル109円台前半までドル高/円安方向に振れた為替が手掛かり材料となり買いが先行しました。

銀行株では、三井住友が一時7%超高、三菱UFJが一時6%超高となるなど、メガバンクの上げが目立ちました。

東証1部騰落数は、値上がり1413銘柄に対し、値下がりが441銘柄、変わらずが129銘柄でした。


【前引け後コメント】

前場の詳細は下記です。

寄付:17832円(+164)
安値:10時20分17807円(+139)
高値:11時30分17882円(+213)
終値:17882円(+213)
上記の時系列の動きでした。


本日16日の前場日経平均株価は、106円のマドを空け寄付き17833円からのスタートです。

15日の米国3市場もすべて上昇をしており、良い環境でのスタートです。

かい離を気にしながらの回転売買が成立していますが、とうとう17900円台(次の高値は2月1日17905円)へ向かう環境です。

昨日のシカゴ日経先物は17900円台を付けており、時間の問題かと思います。

年末に向けまた、来年に向け相場は上向きの様相には変更はありません。

特に米国が1月になりますと新大統領体制発足ですので、金融市場としての環境はマイナス要因はなく、日銀・政府ともアベノミクス加速に対する姿勢はこの動きに再度意識をしているはずで、国内の金融市場にとってこの上ないチャンスと私は見ています。

この事については、またの機会にお話ししますが、調整は自然体で起こる事。

プラスかい離が大きくなりますと必ず調整します。

その時期が回転売買または、今の相場展開のように上昇し、プラスかい離が大きくなりましたら、調整がある前提で個別銘柄を仕込み、かい離調整を感じましたら、早めに売却の行動をするようにして下さい。

ただ、相場は強い事を前提で望んでください。

考えている上値よりも超える可能性がある相場に変化したと見られます。

その中で、個別も含め調整は自然体で起こる事を認識しておいてください。

※以下の情報は会員様のみ配信されています。

【後場の作戦】
【日経平均後場予想レンジ】
【為替予想レンジ】


それではまた
本日水曜日16日17時頃の
「大引け後情報と厳選一銘柄」で。

以上   別府孝男


※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。




※当記事の無断転載・転送を禁止します。













 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。