別府孝男の集まれ株仲間!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前引け後情報7月11日(月)メルマガ配信情報より

2016.07.11 (Mon)
皆様、こんにちは!

今日も猛暑日となっております。

11日前場の日経平均株価は前営業日比535円高の1万5642円と5日ぶりに大幅反発して引けました。

本日前場終了後12:15分に配信されましたメルマガ情報より抜粋して投稿します。

本日後場終了まで1時間程です。。。

**************

前引け後情報7月11日(月)号


こんにちは。


日経平均11日前引け(月):15642.53(+535.55)

日経225先物9月限11時30分:15620(+500)

TOPIX前引け:1252.35(+42.47)
  
平均株価東証1部前場出来高(万株):8億7679万株
 
東証一部前場売買代金:9506.71億円

※ちなみに
通常半日出来高=12.5億株
通常半日売買代金=1兆2000億円

【前場の動き】

11日前場の日経平均株価は前営業日比535円高の1万5642円と5日ぶりに大幅反発して引けました。

8日発表の6月米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を上回り、前週末の米国株が大幅高となったことを受け、幅広い銘柄に買いが先行しました。

参院選で自民・公明の連立与党が大勝し、大規模な補正予算など経済対策への期待を織り込む格好で上げ幅が拡大しました。

東証1部の騰落数は、値上がり1896銘柄に対し、値下がりが48銘柄、変わらずが22銘柄でした。


【前引け後コメント】

前場動向の詳細は下記です。

寄付き:15375円(+269)
安値:09時00分15375円(+269)
高値:11時09分15662円(+556)
前引:15642円(+535)
上記の時系列の動きでした。


11日前場の動きは、先週の米国市場・シカゴ日経先物の上昇を受け、久しぶりに大幅高を演じております。

まずは、15800円どころと見ていますが、本格的には、15810円を抜けてきますと16400円の全値戻しという事になります。

以前から申していますように、下値は限定と私はコメントしていますが、周りのコメンテータはいかがですか。

需給を計算せず、逆に周りに振り回されコメントをする。

そして土・日の講演会でタップリ好きな事を言い、月曜日それを聞いた投資家は売却。

そこが底値。

下値は限定なのか、需給はどうなっているのかをしっかりと投資家に伝えるのが、アナリスト、コメンテータ―ですよね。

本来の役目を忘れている方があまりにも多いのに、腹立ちを覚えます。

株式はリスクを負います。

しかし、まず第一歩は、買い水準をどの水準にするかが株式の基本です。

第一歩目をしっかり目で確かめ、その結果、ここまで調べても下落するのが株式ですね。

ですから、手法の一つとして、逆バリ資金が必要になってくるのです。

本日陽線一本目の銘柄が増えています。

からなず、「仕込4パターン」に合わせ、後場も選定していきましょう。

その中で、次の展開を目指すと見ます。


国内市場は、
1.底値圏である事。

2.大暴落を直近1月21日からでも5回示現しており、上値でのシコリ玉は少ない事。

3.下値は限定である事。


上記のように、何を言っても底値圏であり、下落すれば逆バリが効く水準である事。

ですから仕込パターンに来たものはしっかりと仕込んでおく事です。

押せばチャンスですが、そのチャンスは逆バリで狙うつもりで行って下さい。

第一回目の買い水準を大事にしましょう。


【後場の作戦】
以下はメルマガ会員様限定で配信されました。


※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。


        ↓↓↓メルマガ会員へのお申込みはこちらまで↓↓↓





コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。