別府孝男の集まれ株仲間!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオNIKKEI(おはよう!株式)7月13日(水曜日)放送情報

2016.07.13 (Wed)
皆様、こんにちは!

本日7月13日水曜日はラジオNIKKEI(おはよう!株式)放送日でした。

通勤途中の方やお仕事で視聴できない方もおられると思いますので7月13日水曜日放送されました情報を投稿します。

*******************

ラジオNIKKEI(おはよう!株式)7月13日(水)

それでは、NVRとトレンドラインから見た、日経平均株価の推移を申し上げます。

まず、先週6日の放送でこのもみ合いでの作戦は2つと申しました。

その作戦の心構えは、下落しても下値は限定している事。

そして、下値限定しているから逆バリ資金を用意しその時に備えてください。

とコメントし、週足から見ますとこの横バイは次の展開に行く波動が基本と見ています。

それから、上値メドは16150円と申し上げました。

昨日16200円台を付け、しっかりと16150円をクリアしました。

さて、ここまで来ますと、6月24日の大暴落の日の高値16389円を目標に全値戻しに向

かうはずです。

そして、利食い・仕込みがはじまり、次の展開に向かうと考えます。

また、今年5回の大きな下落相場が有り、需給は改善していますので、実質上値からの売り物

は少ないはずです。

ですから、上昇する時は売り物は少ないという需給からの考え方をお伝えしました。

当然、為替の動向で乱高下は有りますが、それは相場の波動の中での一つと捉えて下さい。

下値メドは、15820円、
上値メドは16600円の方向と見ます。


本日も過去の注目銘柄の推移と対処方法を申し上げます。

・6月29日放送の3266ファンドクリエーショングループは、当日149円で寄り付き、
昨日13日には高値514円を示現し、8%の上昇をしております。

・6月8日放送の6762TDKは、当日6150円で寄り付き、昨日13日には高値689

0円を示現し、12%の上昇をしております。

・また、5201硝子の底値圏からの陽線立ちに注目できるとの事です。


さて、先週は下落してもわずか800円ですので、このレベルからでの仕込みはリスクは少な
く、また、たとえ下落しても逆バリの効く水準である事と申しました通り、15000円を割
れずに、上昇をしています。

昨日12日は高値16200円台も付けていますが、6月24日の高値16389円の全値戻
しが今回の利食いと仕込みのレベルになると考えます。

相場は、非常に良い波動です。

この16400円前後が次なる相場の仕込みですが、このレベルは、5月2日からの底値圏だ
ったという事も把握しておきましょう。

それでは、本日の注目銘柄を教えてください。


☆4312 東1 サイバネットシステム 100株単位

車載向けなどの設計用ソフトを手掛けており、子会社が開発、販売する3次元公差マネジメン

トツールが中国四大自動車グループの一つである長安自動車に採用されたと発表しています。

強みであるコンピューター上で製品開発の試作や模擬実験を行うソフトは、自動運転、ロボッ

トなど将来有望な製品開発に関わっているため、需要拡大が期待出来ます。

NVRは0の位置で、5月16日952円から調整が入り、この陽線立ちに、注目できると考

えます。

100株単位
(時価 738円)

☆4763 東2 クリーク・アンド・リバー社 100株単位

映像、ゲームクリエーターの派遣や、医療など専門性の高い分野の仲介を手掛けており、請負

はテレビ番組のレギュラー、特番本数が増加しています。

また、自社ゲーム制作にも注力しており、拠点の拡充と、制作体制を強化し売上高は拡大が続

いています。

NVRはプラス20で、下値切り上げの陽線に注目できると考えます。

100株単位
(時価 613円)

☆2438 マザーズ アスカネット 100株単位

デジタル写真集制作が主力で、葬儀件数の増加で遺影写真の加工を請け負うメモリアルデザイ

ンサービス事業が伸びています。

また、空中に浮かぶ映像技術用パネルの幅広い分野への用途拡大が見込まれるほか、パイオニ

アの空中表示技術に関する特許権も取得し、新事業の拡大が期待出来ます。

NVRは5の位置で、トレンドラインは6月8日1598円から調整し、この陽線立ちに注目

できると考えます。

100株単位
(時価 1153円)

以上参考にしてください。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。