別府孝男の集まれ株仲間!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオNIKKEI「やっぱり株が好き!」情報

2016.07.19 (Tue)
皆様、こんにちは!

昨日7月18日(月・祝日)13時00分~14時30分放送より

海の日特番「夏のリスナー感謝DAY」

「やっぱり株が好き!」が放送されました。







ご視聴できなかった方もおられると思いますので放送されました情報を本日は投稿いたします。

****************

平成28年07月18日(月・祝日)13時00分~14時30分放送

早いもので、特番の「やっぱり株が好き」も、年に2回行い、今回で35回目、18年目に入
ったわけですが、リスナーの皆様には、いつもお聞き頂き、感謝申し上げます。


本日のコメントは、まず、日経平均株価の今後の方向性の根拠について、株式市場の考え方、
そして、本日も業績、テクニカル、値位置も充分に考慮に入れまして、銘柄を、用意しており
ますのでメモして頂き、ご参考にして下さい。


まず、2016年後半、日経平均株価の推移から、お話しして頂けますでしょうか。

今の相場は、2014年6月の相場に似ていると感じています。

ちょうど2年前という事になりますが、この番組の「やっぱり!株が好き」で申しました事を
思い出しています。

この放送をお聞きの方で、ご記憶がある方も、おいででしょうが、その時の放送内容を確認し
ましたことを交え、今後の動きを、お話ししたいと思います。

その内容は安倍内閣が本格的に始まりました2012年10月、日経平均株価は8000円台
でしたが、アベノミクス効果により一気に上昇し、高値は2013年5月15627円、横ば
いをしながら、さらに、12月16291円の高値を演じたわけです。

しかし、今申しました、2013年5月から2014年5月まで約一年間、14000円どこ
ろを下値に横バイをしていたわけです。

この横バイに私はある米国の政策で成功した例を思い出し、国内市場と比較してみようと感じ
たわけです。

それが、2年前2014年6月1日にメール会員に配信しました、レーガノミクスとアベノミ
クスの共通点だったわけです。

その、レーガノミクスの効果は、1982年8月13日から発動し、やはり順調に経済が立ち
直ったわけですが、やはりダウは上昇したものの、一年間低迷を余儀なくされ、1年間低迷し
た事に着目し、アベノミクスに当てはめてみたわけです。

そうしますと国内の日経平均株価も、2013年5月~2014年5月までちょうど1年間低
迷している事が判明したわけです。

そこで私は先ほど申しましたように、メール会員には、2014年6月1日にこの内容をズバ
リ、コメントし、その結果、その後日経平均株価は休む事なく、2014年5月安値1400
6円~2015年6月20868円の高値、なんと6862円の上昇をしたわけですね。

今の相場を見ますと、この時と同様な環境と私は感じています。

大きな要因は、今月、7月10日の参議院選挙をきっかけに過半数を超え、安定政権を維持、
日経平均株価は、昨年6月20868円をピークに下落、先程お話ししました、1年間低迷を
している事に私は注目しましたわけです。

共通な事は今回の参議院選挙は圧勝した事、2012年10月の衆議院と今回の参議院との違
いだけです。

安倍政権の充実という点では、今回の環境はまさに、同様な環境と考えました。

この2つと、今の日経平均株価は、底値圏である事、
また、別番組の「おはよう株式」で申しているテクニカルを合わせますと、今後の動きは上値
向かいの基調と考えます。

安倍内閣は財政出動を拡大して景気を下支えする考えを打ち出しており、財政投融資などを含
めた対策の事業規模は10兆円を超える見通しを指示しております。

また、アベノミクスをいっそう加速する為、秋の臨時国会に今年度第2次補正予算案を提出す
る計画です。

さらに、内需の下支え、経済対策はリニア中央新幹線などインフラ整備、中小企業の資金繰り
支援、待機児童ゼロなどをめざす「一億総活躍」の加速、防災対応の強化の4本柱。

また、長時間労働の抑制など働き方改革も進め、息の長い経済成長をうながす方針として打ち
出しております。

今、申しましたように、2014年6月から上昇相場に相当する事も考えられます。


「それでは、2016年 後半の日経平均株価のメドはどうでしょうか」

今、申した事で見ますと、2016年後半の懸念材料は3つ、英国のEU離脱に関する事、米
国の利上げの問題、それと為替の影響です。

その都度、東京市場には影響あると考えますが、基本的には、裁定買い残は5772億円、売
り残が3071億円と差引2700億円。

非常に軽い状態です。

そのため、需給から見ますと、上値追いの基調が基本と考えます。

まず、
15820円を踏まえ
下値メドは、16050円。

上値メドは、19100円の方向と見ます。


また、今年5回の大暴落を示現していますので、上値からの売り圧力は、需給の過去データか
ら申しますと、少ないと思われますので、利食いの踊り場を形成しながらの相場付と考えます



「それではお待ちかねの注目銘柄をお願いします。


はい、今回も5銘柄を申し上げますので、しっかりとメモされてください。

まず、                                

☆2151 東1 タケエイ

インバウンド効果でホテルや大型商業施設改装工事が増え、廃棄物処理拡大をしております。

また、地下鉄駅など夜間工事の急増も追い風でして、さらに、バイオマス発電は、順次立ち上
がり、堅調のようです。

外注費・償却費増など吸収し連続増益の見通しで、増配余地も十分あるようです。

100株単位
(時価 863円)                            

☆3088 東1 マツモトキヨシホールディングス

店舗も増加し、さらなる出店の加速意欲が増大しており、17年3月期の連結営業利益を前期
比2.1%増の280億円と見通しており、ドラッグストア業界において、前期まで業績拡大
に寄与したインバウンド効果の低迷が懸念されるなか、同社は前期の営業利益55.5%増に
続いて今期も着実な計画を示したことで、投資家の期待が高まっています。

また、証券各社の評価も高く、今期の営業利益は300億円を超過すると予想するリポートが
多いようです。

100株単位
(時価 4920円)

☆3179 東1 シュッピン

柱のEC通販は時計やカメラも主要メーカーの新機種が出そろい中古も活性化しております。

セール抑制で粗利率改善をしており、支払手数料の増加をこなし、営業益は再加速です。

商品画像を倍増しメンテ担当者のコメントも追加し、さらに顧客情報を活用した入荷や販売価
格の変更などのメール配信や、ユーザー参加型マーケティング導入を計画しています。

100株単位 
(時価1020円)                            

☆3776 ジャスダック ブロードバンドタワー

データセンター運営と電子商取引サイト構築が主力で、サイト構築が成長路線入りをしていま
す。

また、日本マイクロソフトなどと、人工知能によるリアルタイム翻訳サービスの共同事業を開
始しています。

また、東京オリンピックに向けて増加が見込まれる海外からの訪問者に向け、様々な言語によ
るリアルタイム翻訳サービスを、活用可能にすることを目指しています。

100株単位
(時価 194円)                          

☆4667 ジャスダック アイサンテクノロジー

3次元地図測量情報が自動車の自動走行実験や高精度3次元ナビ等、受注が好調です。

研究開発の投資負担はありますが、データ収集の生産性大幅向上で増益を牽引し増配です。

また、自動走行技術開発に向けドローンを活用した高精度3次元地図情報データ収集が活発で
す。

また、18年実用化予定の衛星を活用した高精度衛星測位システム開発も推進しています。

100株単位
(時価 4250円)

以上参考にして下さい。
 

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。


※当メルマガ記事の無断転載・転送を禁止します。


          ↓↓↓メルマガ会員へのお申込みはこちらまで↓↓↓




コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。