別府孝男の集まれ株仲間!

9月29日(木) 大引け後情報と厳選一銘柄(メルマガ配信より抜粋)

2016.09.29 (Thu)
皆様、こんばんは

本日は会員制メルマガ配信情報 寄り前・前引け後情報に続き大引け情報を投稿しますので参考になさってください。

***********

大引け後情報と厳選一銘柄9月29日(木)

日経平均大引け:16693.71(+228.31)

日経先物12月限(15時15分):16720(+260)

TOPIX:1343.25(+12.48)

平均株価東証一部出来高(万株):17億6092万株
 
東証一部売買代金:1兆8789.02億円

※ちなみに
通常一日出来高=25億株
通常一日売買代金=:2兆4000億円

【後場の動き】

29日日経平均は大幅反発して引けました。

原油相場の急伸を受けた米国株高で、投資家の過度な不安心理が後退し、序盤から幅広く買いが優勢の展開となりました。

後場に1ドル101円台後半までドル高/円安方向に振れた為替も支援材料となりました。

石油輸出国機構(OPEC)での減産合意を受け、米国市場でエネルギー関連株が買われたことを背景に、業種別指数の鉱業が一時7%超高。

また鉄鋼が一時4%近く上昇するなど、資源関連の上げが顕著でした。

欧州市場でドイツ銀行の株価が持ち直しの動きをみせたことも、市場心理の改善につながりました。

ただ、原油高に持続性があるかについては、まだ見極める必要が有るほか、日米金利差による為替の変動が日本株の決定要因としてのウェートが高まっており、米金利動向にも注意が必要となりそうです。

東証1部騰落数は、値上がり1370銘柄に対し、値下がりが521銘柄、変わらずが87銘柄でした。


【大引け後コメント】

【厳選一銘柄】
「コメント」
「テクニカル」
以下は会員様のみの配信となります。


   



それでは、
9月30日(金曜日)
「米国市場の動向と寄り前情報」で。

以上 別府孝男 記


**************

【別府孝男からの一言】
以下は会員様のみの配信となります.


※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック