別府孝男の集まれ株仲間!

メルマガ配信一周年キャンペーン10月1日寄り前情報

2014.10.01 (Wed)


  SSVz_LzPUeXqkNU1412132647_1412134638.jpg
寄り前情報10月01日(水)号

おはようございます。


20014.10.01(水)
東京株式市場
寄り前情報

日経平均株価9月30日大引:16173.52(-137.12)

日経225先物12月限1日3時(朝): 16160 (+20)
  
NYダウ工業株30種30日:17042.90(‐28.32)

ナスダック総合30日終値:4493.39(‐12.46)

S&P総合500種30日終値:1972.29(‐5.51)

シカゴ日経平均先物9月限(円建て)30日:清算値 16200(+60)大証終値比

【米国市場】
30日の米国株式市場は小幅続落して引けております。

9月の米消費者信頼感指数は5カ月ぶりのマイナスとなったほか、7月の米ケース・ シラー住宅価格指数が前年同月比で市場予想を下回るなど、さえない経済指標を嫌気し、エネルギー、素材株が売られました。

昨年末以降にS&P500が6.7%上昇し、企業の第3・四半期決算の発表を控える中で、上値追いは一服となっています。


【寄り前コメント】
1日きょうの東京株式市場で日経平均株価は昨日の下落の反動も有り、反発して始まりそうです。

前日の米国株はさえない経済指標などを背景に続落したものの、外為市場ではドル高/円安基調を維持しており、日本株を支援する見通しです。

一方、週後半には欧州中央銀行(ECB)理事会や米雇用統計発表などを控え、積極的な売買は入りにくく、レンジ内の動きが見込まれます。

まず、昨日30日(火)の日経平均先物(イブニング16時30分~翌日3時早朝)から追って行きますと寄付きは10円高の16150円、18時28分には高値、90円高16230円、22時53分には安値、20円安の16120円、結局は20円高の16160円で終了しております。

直近7日間を見ますと一気に16000円台に乗った9月19日高値16364円からその後上下を繰り返している範囲は16080円から16300円台の上下をしておりますが、短期での資金の売買が行われているようです。

昨日も申しましたが、2つの仕込み水準が考えられます。

一つは今の上下の下値16080円前後での仕込み。

そして、何度も申しますが、計算上の15780円どころ。

この2つが仕込みとして、見ております。

ただ、9月25日の高値16374円という100%に近い仕込み玉が全て大きな利益を得ていると言う事です。

短期・中期・長期の資金全て、2月4日以降仕込んだ玉は、利益を得たと言う事です。

過去においては、2012年11月から昨年2013年5月までのり食いも結局は5月にシコリを残し昨年11月までかかったわけです。

今回は2月4日以降の仕込み玉、すべてが利食いをしているのです。

残っているのは利食いの反対玉だけです。

それも、この7日間で、しっかりと一定の利食いが出来ております。

ですから、2つの仕込みを申したわけです。

計算上の15780円までの調整は理想に近い仕込み水準でして、ここをが前として、メール会員の皆さんは踏まえてください。

ここでの下値16080円どころと思いますが、あくまでもこの水準、環境では、2つをしっかりと記憶し、私のノウハウの一部10項目での手法を基本通り行いましょう。

また、30日(火)の米国市場はNYダウ28ドル安、ナスダック12ポイント安、S&P5ポイント安。

シカゴ先物の始値は140円高の16280円、高値は16280円、安値は70円安の16070円、結局終値は60円高の16200円で終了しております。

イブニングは20円高の16160円、シカゴ日経平均先物は60円安の16200円。

この動きを見ますと、16200円前後の動きと見ます。

メール会員の、皆さんは基本通りで仕込み、そして、基本通り逆張りで対処です。

また、相場は上下しようと、この相場で昨年末の16320円を抜いた以上、売物は今まで以上に少ないという事です。

あとは、16300円台で利食いをした大きな資金の仕込みの水準がどこかが重要なポイントとなります。

ここしばらくは上昇しても、下落してもよいように、第一回目の買い水準は日足チャートを見て、なるべく反発している水準を探し、そのポイントで仕込むようにして下さい。

そして、下落すれば逆バリ対処です。

日足陽線3本目・4本目は売却。

仕込みは陽線2本目まで。

【日経平均予想レンジ】
16100円前後─16280円前後。

【為替予想レンジ】
109.59円─109.73円
そろそろ寄り付き前の準備をします。

それではまた
本日1日(水曜日)
「前引け後情報」で。

別府 孝男  記
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。


※当メルマガ記事の無断転載・転送を禁止します。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック