別府孝男の集まれ株仲間!

大引け後情報10月2日(木)号 (

2014.10.02 (Thu)
kkkkkkk.jpg

大引け後情報10月2日(木)号 

2014.10.02(木)
東京株式市場
大引け後情報

日経平均大引け:15661.99(-420.26) 

日経先物12月限(15時15分):15680(-240)

TOPIX大引け:1280.15(-38.06)

平均株価東証出来高(万株):266102万株
 
東証売買代金:25939.74億円

【後場の動き】
2日東京株式市場で日経平均は一時435円安となり、約1カ月ぶりの安値を付けております。
海外短期筋による先物市場への仕掛け売りが裁定解消売りを誘い、安値を切り下げる局面が続きました。

欧州中央銀行(ECB)理事会や米雇用統計など重要イベントを前に買いを手控える投資家が多かった模様です。

9月のユーロ圏製造業PMI改定値の下方修正や米国で初めてエボラ出血熱感染が確認されたことなどを背景に、前日の米ダウが下落した流れを引き継ぎました。

【大引け後コメント】
2日東京株式市場日経平均は186円のマドを空け寄り付き、その後安値15740円を付け、久しぶりの大幅安の展開でした。

私が申し続けました2つの下値メドに本日到達しています。

市場が存在する考え方も土・日でメール会員に理解して頂きましたが、この下落は、9月25日までの上昇過程の16300円台で利食いをした大量の資金の行方が重要と申し続けました。

その利食いの資金は、高値では仕込みません。

理想の仕込みは15780円と申し、本日はその水準を示現しております。

本日で追証発生をしており、本日と明日が一つの仕込み水準です。

市場は下落をさせなければ利益は取れないという考え方が有り、追証発生が一つの下落させる目的です。

明日朝方は投げ売りが出るはずです。

以前16000円を越えない上昇過程で、15350円が下値と申しました。

その下値には到達せず、上昇をしました。

この15350円は示現しないと思われますが、ここからの下落は絶好の買い仕込み場面です。

その為、今晩の米国市場が大幅高をしないほうが、明日3日投売りが出て、その後、反発と言うシナリオを期待出来ます。

また、日足陰線の形状に注目です。

本日の日足は実態の陰線ですが、大きさは上下276円の大きな陰線です。

この大きさが出たのは、一番大きい陰線は8月8日が321円、次が5月7日が266円、そして6月27日の266円と、そして、今回です。

このように、この大きさが出たのは、今回を入れて5月以降、4回しか示現していません。

全て、次の日から上昇相場になっております。

ですから、明日は、寄りは上昇せず追証の投げを整理させた後、上昇して欲しいと考えています。

詳しくは米国の市場とシカゴ先物を見てから。

それでは、
10月3日(金曜日)
「寄り前情報」で。

以上 別府孝男
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い
致します。

※当メルマガ記事の無断転載・転送を禁止します。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック