別府孝男の集まれ株仲間!

前引け後情報10月6日(月)号 (一周年キャンペーン中)

2014.10.06 (Mon)
kkkkkkk.jpg

前引け後情報10月6日(月)号

こんにちは
2014.10.06(月)
東京株式市場
前引け後情報

日経平均株価6日前引け(月):15912.54(+203.89)

日経225先物9月限6日11時30分:15930(+170)

TOPIX前引け:1299.71(+17.17)

平均株価東証出来高(万株):98043万株

東証売買代金:9435.36億円

【前場の動き】
6日前場の東京株式市場で日経平均の上げ幅は200円を超え、1万5900円台を回復しております。

為替が1ドル109円台後半まで円安に振れたことで、電機、自動車などの主力輸出株が買われました。

日本株は急落の反動で先物への買い戻しも急上昇に拍車をかけた格好です。

きょうから開かれる日銀金融政策決定会合で追加緩和に動くとみる市場関係者は少ないものの、7日の黒田日銀総裁会見で追加緩和に前向きな発言が出る可能性もあり、目先は売り込みにくい状況です。

一方、10月相場は過去の経験則で日米ともボラティリティが 高まりやすいとの警戒感もあり、上値追いには慎重姿勢もうかがえます。

【前引け後コメント】
6日前場の東京株式市場日経平均は、3日(金)、そして、本日(6日)マドを空け上昇しております。

2日のコメントでは、大陰線のデータを細かく申しましたが、データ通りの動きで翌日の3日は追証の投売りが示現しましたが、その3日の引け際からは一気に買いが入っておりました。

土曜日・日曜日にかけてもしっかりと下落幅・大陰線・かい離・過去の陰線の大きさなどを説明しました。

過去データを分析すると言う事は相場を見る上で最も重要になります。

メール会員の皆さんは、先週28日(日)にはすでに、15350円の下値を知った上で相場を見る事が出来たわけです。

下落しているときは、特にマスコミは誰も明日から上昇するという人は誰もいません。

その中で、過去12回同様に下値をコメントしてきました。

今回もこの15350円を付けた翌日から上昇しております。

また、日経平均株価で15350円を付いていませんが、付いても、付かなくとも良いと、コメントしましたね。

いずれにしましても、下値は見えているわけですからと言う内容を申しました。

本日は大きなマドを空け、15900円台まで上昇しており、この13回目の下値メドも、結果良かった下値メドと、皆さんに提供できた事、私は満足しています。

ここで皆さんに記憶して頂きたい事は、9月2516300円台で利食い玉はこの10月3日15500円台で仕込んでいる事をしっかりと記憶して下さい。

ここは、下値切り下げの銘柄を狙いましょう。

原則、前日の高値・始値を抜いた陽線が条件で仕込みましょう。

仕込みは陽線2本目までを徹底し、資金は二分の一・三分の一にし、逆バリの資金を必ず用意し投資成果のアップにつなげましょう。

売却は陽線3本・4本目、上ヒゲ・長大陽線は売却です。

【日経平均予想レンジ】
15850円前後─115930円前後。

【為替予想レンジ】
109.50円-109.80円
それではまた
本日月曜日(6日)
「大引け後情報」で。

以上   別府孝男∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。

※当メルマガ記事の無断転載・転送を禁止します。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック