別府孝男の集まれ株仲間!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大引け後情報10月6日(月)号  (一周年キャンペーン中)

2014.10.06 (Mon)



kkkkkkk.jpg
大引け後情報10月6日(月)号 

2014.10.06(月)

東京株式市場
大引け後情報

日経平均大引け:15890.95(+182.30)

日経先物9月限(15時15分):15940(+180)

TOPIX大引け:1296.40(+13.86)
     
平均株価東証出来高(万株):200026万株

東証売買代金:19845.35億円

【後場の動き】
6日東京株式市場で日経平均株価は一時、前日比で262円高となり、節目1万6000円に迫る場面がありました。

大引けにかけてやや伸び悩んだものの、東証1部上場銘柄の85%が値上がりし、ほぼ全面高となりました。

前週末にかけて大きく水準を切り下げた反動から先物への買い戻しも入り、裁定取引を交えてファーストリテ、KDDI、ファナックなど指数寄与度の大きい銘柄が堅調に推移しました。

円安進行を背景にトヨタ自やホンダ、ソ ニーなど主力輸出株も堅調でした。

【大引け後コメント】
6日の東京株式市場日経平均は先週2日大きな陰線を引き、この陰線が出ましたら翌日から上昇しますと申しまして、その裏付けの過去データも申しましたが、その通りの上昇をしております。

10月2日が大陰線、3日が下ヒゲの陽線、そして本日マドを空け陽線で上昇しております。

今回の上昇も少なくとも500円の上昇が見込めますので、16050円どころの戻りは充分にあります。

また、今回の仕込みである15500円台(イブニングとシカゴ先物は15370円を示現)での仕込みです。

この仕込み水準の15500円台は9月25日16300円での利食いの大きな資金での仕込みです。

仕込みの水準をしっかりと覚えておいてください。

後は、利食いをどの水準にするかが今度の相場の決めるわけです。

最低でも470円の上昇は見込まれると思われます。

計算上は16030円前後までの上昇は考えられます。

ただ、今回は大きな資金が入っておりますので、利食いの後、大きな調整をせず、一定の水準でもみ合い、9月25日の高値16374円を抜く相場も考えられます。

今、言えますのは、16080円どころをもみ合いそして、高値抜きかとも思えます。

いずれにせよ、10月2日の大陰線、下落幅、追証発生、反発この実践の動きを自分のノウハウにし、次回に生かしましょう。

詳しくは米国の市場とシカゴ先物を見てから。

明後日10月7日(火曜日)
「寄り前情報」で。

以上   別府孝男
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。


※当メルマガ記事の無断転載・転送を禁止します。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。