別府孝男の集まれ株仲間!

寄り前情報10月7日(火)号(一周年キャンペーン中)

2014.10.07 (Tue)
kkkkkkk.jpg


寄り前情報10月7日(火)号

おはようございます2014.10.07(火)
東京株式市場
寄り前情報

日経平均6日大引(月曜日):15890.95(+182.30)

日経225先物12月限7日3時終値(朝):15800 (-140)

NYダウ工業株30種6日:16991.91(‐17.78)

ナスダック総合6日終値:4454.80(‐20.82)

S&P総合500種6日終値:1964.82(‐3.08)

シカゴ日経平均先物12月限(円建て)6日:清算値 15780(‐160)大証終値比

【米国市場】
6日の米国株式市場は、不安定な値動きとなる中、小幅安で引けております。

決算発表シーズンを控え、全般に方向感に欠ける展開となりました。

雇用統計を含む主要経済指標の発表が一巡したことから、相場を方向付ける手掛かりが見当たらない中、最近のドル高基調や欧州経済の低迷が企業決算に影響しています。

パソコン、プリンター事業の切り離しを発表したヒューレット・パッカード(HP)が買われましたが、半導体大手マイクロン・テクノロジーや連邦破産法11条の適用を申請したGTアドバンスト・テクノロジーズが売られ、全体を押し下げました。


【寄り前コメント】
7日きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反落が予想されます。

前日の米国株安に加え、為替が108円台に円高に傾いていることから主力株に売りが先行しそうです。

日銀金融政策決定会合の結果発表と黒田総裁の会見を控えて様子見ムードも広がりやすい状況で、外為市場で仕掛け的な動きが出れば株価も上下に振れる展開が見込まれ注意が必要です。

まず、昨日6日の日経平均先物9月限(イブニング16時30分~翌日早朝)から追っていきますと、始値は30円安の15910円で寄り付き、高値は16時47分変わらすの15940円、安値は01時46分180円安の15760円、結局終値は140円安の15800円で終了しております。

昨日6日の日経平均株価は、先週2日大陰線を付け翌日3日から昨日6日まで、2日間で412円の上昇をしております。

9月25日高値16374円の高値を付け、下値メドである15350円を現物ではつきませんでしたが、イブニングとシカゴ先物で安値15370円を両方の市場で示現視したわけです。

私は、現物で15350円をつけようが、付けまいが、下値は見えていますから、押しは積極と申したわけです。

10月3日15550円どころで仕込の後上昇しておりますので、重要なのは、仕込み玉の水準を把握し、記憶しておくことです。

相場は上下しますが、需給(仕込みと利食い)が重要です。

今回の重要な事は、10月3日15550円台での追証の投売りと信用保全の為の売却。

その為、下落段階のシコリは無いと思っても良いのでは無いでしょうか。
特に、16080円から15550円までのシコリは無いと判断します。

ですから、真空地帯として、16080円どころは売物がないという事です。

しかし、事実として、16300円台での利食いの資金は15550円台で仕込みとして、出発の基点である事は言えていることです。

また、昨日6日の米国市場はNYダウ17ドル安、ナスダック20ポイント安、S&P3ポイント安と全体で若干安い状態です。

NYダウは17ドル、イブニングは、140円安の15800円、シカゴ先物は160円安の15780円。

この動きを見ますと本日の東京市場は15800円前後の動きと思われます。

仕込みの資金は、必ず、最低二分の一・三分の一に分散し、残りは逆バリの資金に当てるよう、最初からの心構えをしておきましょう。

【日経平均予想レンジ】
1万5750円前後─1万5850円前後。

【為替予想レンジ】
108.75円-109.05円
そろそろ、寄付き前の準備をします。

それではまた
本日火曜日(10月7日)
「前引け後情報」で。

以上 別府孝男 記∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。


※当メルマガ記事の無断転載・転送を禁止します。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック