別府孝男の集まれ株仲間!

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国市場の動向と寄り前情報6月28日(火)メルマガ配信情報より

2016.06.28 (Tue)
         ↓↓↓お試し会員への申し込み↓↓↓




   ↓↓↓メルマガ会員へのお申込みはこちらまで↓↓↓





皆様 こんいちは!

27日米国株式市場は続落して引けました。

気になる市場の動きだと思いますので本日はリアルタイムで別府孝男みずから配信しますメルマガ情報を3回にわたり投稿いたします。

*****************

米国市場の動向と寄り前情報6月28日(火)号

おはようございます

2016.06.28(火)
東京株式市場
寄り前情報

日経平均27日大引(月曜日):15309.21(+357.19)

日経225先物9月限28日3時終値(朝):15060(-300)

NYダウ工業株30種27日終値:17140.24(-260.51)

ナスダック総合27日終値:4594.44(-113.54)

S&P総合500種27日終値:2000.54(-36.87)

シカゴ日経平均先物6月限(円建て)27日:15160(-200)清算値大証終値比

【米国市場の動き】
27日米国株式市場は続落して引けました。

ハイテク銘柄は、英国のEU離脱決定で設備投資が落ち込むとの警戒感から売

られました。

また、米連邦準備理事会(FRB)の早期利上げ観測が後退したことで銀行株

が軟調だったほか、原材料、エネルギーセクターも全般に弱含みでした。

S&P総合500種は過去2営業日の下落率が5.3%と、2015年8月以

来で最大となっています。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所では下げと上げの比率が4.25対1、

ナスダックも5.75対1でした。


【寄り前コメント】
28日きょうの日経平均株価は、反落となりそうです。

英EU離脱決定後の欧米株安が止まらず、リスク回避の動きが継続する見通し

です。

一方、外為市場では、ドル/円の一段の円高進行に歯止めがかかっている事や

、政策期待も根強いことから、売り一巡後は為替動向をにらんで、もみ合う展

開が予想されます。


まず、
【6月27日イブニング】
16時30分始値:15360円(+0)で寄付、
16時30分高値:15360円(+0)
00時23分安値:14990円(-370)
03時00分終値:15060円 (-300)

【6月27日月曜日シカゴ日経先物】
始値:15080円(-280)
高値:15380円(+20)
安値:14975円(-385)
終値:15160円 (-200)
        
【6月27日月曜日の米国市場】
NYダウ:(-260.51)
ナスダック:(-113.54)
S&P:(-36.87)

【27日日経平均株価・日経225先物】
日経平均株価:15309.21(+357.19)

27日日経225先物(イブニング朝3時)
安値:14990円(-370)
終値:15060円 (-300)

【27日シカゴ日経先物】
シカゴ日経先物
安値:14975円(-385)
終値:15160円 (-200)

シカゴ日経先物と作日27日の動きを参考に、本日の動きを見ていきます。


米国3市場は3指数全部上昇しています。

シカゴ日経先物は、安値385円安の14975円あっての15160円と1

5000円台派キープしています。

せっかく東京市場が昨日300円以上の上昇が行って来いの状態に戻りました



さて、
昨日27日の相場は、内需・ディフェンシブ関連を中心に買い戻しが入ってい

おり、業種別では医薬品、食料品が上昇率上位の一方、証券業が下落率でトッ

プとなるなど、金融セクターや、資源関連、自動車関連が売られておりました



後場からの動きは、前場の高値を抜き15309円をつけています。

と言ってもどんぐりの背競べではないですが、先週末の大陰線(上下1525円

)の下、約5分の1の水準です。

今晩の米国がどのようになるかで、明日の動きが決まります。

EU離脱から、日本が一番早い市場でしたが、本日のように、300円以上の

活気ある市場を、世界に魅せられ事は、今晩の目米国市場につなげてほしいと

ころです。

いずれにせよ、市場は不安でいっぱいははずです。

まだまだ小さい動きでしたが、これだけの動きは立派です。

この相場では無理せず、流れに沿って仕込を行っていくことが、良い成果にむ

すびつけられます。

特に、下値切り下げでの仕込みは危険で、必ず陽線を確認、反発してからでも

遅くない相場付です。

個別もしっかりしており、反発をしている銘柄が多数出てきました。

ただ、先週の下落の後ですので、仕込みの不安から様子見、打診買いで、まだ

不安定である事は事実です。

今後の英国の対応次第ですが、この問題は少しロングランに考え、各国の協調

も見ながら、私達は陽線優先に仕込みそして、短期での売買を心がけましょう。


【本日のの作戦】
以下会員様より配信の詳細となります。


         ↓↓↓お試し会員への申し込み↓↓↓




   ↓↓↓メルマガ会員へのお申込みはこちらまで↓↓↓








それでは、
12時15分頃予定の
本日6月28日(火曜日)
「前引け後情報」で。


別府 孝男  記

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。