別府孝男の集まれ株仲間!

ラジオNIKKEI(おはよう!株式)7月6日(水)情報

2016.07.06 (Wed)
皆様、こんにちは!

本日7月6日水曜日はラジオNIKKEI(おはよう!株式)放送日でした。

通勤途中の方やお仕事で視聴できない方もおられると思いますので7月6日水曜日放送されました情報を投稿します。

*********************************

ラジオNIKKEI(おはよう!株式)7月6日(水)

それでは、NVRとトレンドラインから見た、日経平均株価の推移を申し上げます。

まず、6月27日からの日経平均株価の動きですが、3日間で613円の上昇をし、一旦利食いが出たわけです。

その後は6月30日から昨日5日まで4日間横バイをしており、それも15550円どころから15800円の約250円の上下で、もみ合っております。

このもみ合いでの作戦は2つです。

この心構えは、下落しても下値は限定している事。

下値は限定しているから逆バリ資金を用意しその時に備える。

この事を踏まえた上で、方針を立てて下さい。

週足から見ますとこの横バイは次の展開に行く波動が基本と見ています。

その基本を踏まえた上で、下値は15000円前後なわけですから、下落をすれば資金を再度投入すれば良く、今は分かりやすい相場付です。

ここからは、
15335円を踏まえての
下値メドは、15450円、
上値メドは16150円の方向と見ます。


本日も過去の注目銘柄の推移と対処方法を申し上げます。

・3月30日の放送で紹介した6323ローツェと4月20日の放送で紹介した2222寿スピリッツは、7月4日に年初来の高値を示現し、それぞれ、78%、61%の上昇をしています。

・先週6月29日の放送で申しました、4745東京個別指導学院、3266ファンドクリエーションはそれぞれ5%、6%の上昇をしております。

・また、2352エイジアの横バイ水準に注目との事です。


6月24日の大暴落の下値水準は14864円、この水準は先週も申しましたが、皆さんに下値メドを申した一円違いの水準でした。

当面はこの水準が下値と見て良いと考えます。

この下値が今のレベルである事。

そうなると下値まで下落してもわずか800円である事です。

この2つを意識しますと、下落しても対処方法が見えてきます。

肝心なのは、17000円の高いレベルではないという事です。

そうなりますと結論は、このレベルからでの仕込みはリスクは少なく、また、たとえ下落しても逆バリの効く水準である事です。

ですから積極的に仕込、そして対処をすれば良いという結論に達します。


それでは、本日の注目銘柄を教えてください。


☆5201 東1 旭硝子 1000株単位 

建築や自動車向けガラスが主力で、強化特殊ガラスが欧州高級車に採用されるなど欧米事業が好調です。

また、人口が多く経済成長が見込めるブラジルに新工場を建設すると発表しています。

ブラジルでのガラス生産能力は2・4倍の53万トンとなる計画で、品ぞろえや品質などが評価され需要を伸ばしています。

NVRはマイナス8の位置で、トレンドラインは、5月30日689円から調整した水準に注目できると考えます。

1000株単位
(時価 551円)

☆6088 マザーズ シグマクシス 100株単位

経営戦略コンサルティングを手掛けており、サービス、製造業の新規顧客が伸びています。

また、セキュリティソリューションを提供する米イージーソリューションズと業務提携し、金融機関における預金の不正引き出しを防御する、不正行動検知の領域で共同サービスの提供を
開始しています。

NVRはマイナス5で、トレンドラインは5月30日690円から調整し反発陽線に注目できると考えます。

100株単位
(時価 535円)

☆3776 ジャスダック ブロードバンドタワー 100株単位

データセンター運営と電子商取引サイト構築が主力で、成長ステージ入りしています。

また、日本マイクロソフトなどと、人工知能によるリアルタイム翻訳サービスの共同事業を開始しています。

東京オリンピックに向けて増加が見込まれる海外来訪者に向け、様々な言語によるリアルタイム翻訳サービスを、活用可能にすることを目指しています。

NVRは0の位置で、トレンドラインは6月22日242円から調整し、下値切り上げに注目できると考えます。

100株単位
(時価 195円)

以上参考にしてください。


※投資助言の対象となる「お客様の金融商品」は、金利や相場変動等が原因で、損失が生じ元本割れや元本超過損が生ずるおそれがあり、元本を保証するものでは有りません。

また、投資に関する最終判断は、投資家ご自身でなさるようお願い致します。


          ↓↓↓メルマガ会員へのお申込みはこちらまで↓↓↓






コメント


管理者のみに表示

トラックバック